「みんなのお家おひさま文庫」が出来ます | みんなのお家

みんなのお家だより

LINEで送る

2020.12.22更新みんなのお家だより
「みんなのお家おひさま文庫」が出来ます

Happy MerryChristmas

いつ収束するのかわからないまま、今年も終わろうとしています。でもこんな時だからこそ出会えたのかもしれません。そしてこんな出会いが生まれる奇跡を作ってくれる子どもたちに感謝したいです。

今日で今年の「あそびましょ!」の会は終了です。みんなのお家がまだ片付いていないうちに始まったので、私としては子どもたちに決して良い環境だったとは言えないので、反省も多く残りました。でもお母さんたちのどんなことも楽しむ様子励まされていました。まだ膝が完ぺきではないので軽やかに動けませんが、そこもみんなで補ってくれました。

「ありがとうございます

こうしてとにかくやっていくなかでもしかしたらみんなが望んでいる居場所って創られていくのかもしれません。誰かに与えられるのを待つのではなく、立ち止まったままでいないで「こうだったらいいな~」と言うつぶやきや、願いを一人の力ではなくてもみんなで叶えていくと素敵なものが現実になっていくのだと信じてやって来ています。

あったかいご飯を子どもに食べさせたい。生活リズムをつけさせたい。自分の時間も創り出したい。豊かな体験をさせたい。などなどみんなの願いを一つずつ叶えていけると良いなーと思っています。

「みんなのお家 おひさま文庫」が出来ます

松井公民館でやっていた「おひさま文庫」が終了して、そこにあった絵本を全部頂くことになり、やち&ちほの力持ちが、みんなのお家まで運んでくれました。

現在素敵な本棚も制作していただいています。読み聞かせの会や絵本の貸し出しなどもできて、いつでも遊びに来れる居場所になると良いですね。

勿論お昼御飯が食べられるという環境も残していきましょう。

コロナウイルスが収束すれば、もっといろいろな方に来ていただけて小さなお家が子育て中のお母さん、お父さん、じじ、ばばたちの憩いのお家になるような気がします。

2021年も絶対良い年にしましょうね。良い年になるか悪い年になるかは、自分自身の生き方です。私たちは大人も子どもも自分の人生を誰かに代わって生きてもらうことは出来ませんから、どんな人生にするかは自分が決めるのです。

どんな時も笑顔を忘れずに、手をつないで前に歩いて行きましょう。私はつないだ手は絶対話しませんから。来年もどうぞよろしくお願いします。

このページのトップへ