食育シリーズ2 | みんなのお家

みんなのお家だより

LINEで送る

2021.05.11更新みんなのお家だより
食育シリーズ2

“食は子どもの未来”

日本の食の現状は、近年とてもひどくなっています。農薬・汚染物質・遺伝子組み換え食品など、軒並み基準値を変更し、規制を緩めてきています。日本は世界と比べても厳しい制限がありました。癌をはじめ様々な病気を引き起こし、特に子どもたちの脳への影響も危惧されています。コロナ禍で子どもたちの食生活にも大きな格差が生まれました。対応が急がれます。

人間の味覚は5歳までの食生活の中で決定されると言う話も聞いた事があります。贅沢な食事じゃなくてもご飯に、だしと味噌と具をたくさん入れた味噌汁で子どもの味覚は健康に育つと思います。健康な味覚は「おいしい」がわかり、食の世界を広げます。この施設でのご飯もランチプレートの方が良いのではと言う意見も出ましたが、「いただきます」から、茶碗に手を添える、食器を口まで持って行く、これらの行為は、一皿に盛り付けられたランチプレートでは身につかない事だと思おいます。

このページのトップへ