2022年4月11日散歩と抱っこ | みんなのお家

子育てブログ

2022.04.15更新子育てブログ
2022年4月11日散歩と抱っこ

 お母さんに抱っこばかりされていては、半分以上楽しい事が減っていますよ。体に触れる風の心地よさも、足に伝わるゴツゴツ、ぬるぬるも、つるつる、びしょびしょも、面白いものを見つける好奇心も、登ったり、降りたりの大冒険チャレンジも、全部奪われています。何で「抱っこ」になってしまったのでしょうね。多分、歩かない、言う事を聞かない、危ない、急いでいる、このままでは先に進めないと言う大人の都合のせいだったのではないでしょうか?多分公園に連れて行けば、抱っこではないのでしょうが、そこまでは歩いて行くことはしません。自転車かベビーカーに乗せるかでしょうか。以前書いたことがありますが、散歩は歩きます。

 子どもたちは、別に遊具のある所に行かなくても、車通りの少ない道を、道草しながら歩くのも大好きなんですよ。走ったり、ジャンプしたり、一本道を歩いたり、アスファルトの感触・柔らかい土の感触・砂利道・みんな違います。雨の日などは、ただ歩くだけで、楽しいのです。雨の日は匂いも、出会う虫たちも違います。花の色も違って見えます。そんな事をひとつひとつ実体験して、「おもしろい」を伝えていきたいと思います。子どもたちの楽しい思い出の中に、原風景として五感を通した豊かな自然が残っていきますように。

 子どもたちは、抱っこが大好きです。でも新入園児は、抱かせてもくれません。朝から大泣きです。「なんでこんなところに連れてこられたんだよ~」「なんでお母さんは僕を置いて帰っちゃうの~」と大合唱です。抱かれるものかと大暴れする子もいます。抱かせてくれるまで、根気良く付き合うしかありません。早く泣き止ませて降ろそうなんて思っては、信じて貰えませんから。「もういいよ」と子どもが自ら遊び始めるまで待ちます。預ける親たちは「済みません」と申し訳なさそうに言いますが、「とんでもないです」

 子どもたちは、安心して抱っこされていい人なのか、泣きながら見極めています。私たちにチャンスをくれているのだと思います。

このページのトップへ